女性の症状


月経異常

月経異常には、無月経、月経周期の異常、月経の持続日数の異常および量の異常、初経に関する異常、閉経に関する異常、月経随伴症状の異常があります。

 

鍼灸の適応症となる月経異常は、月経前緊張症(PMS)、月経痛・月経困難症稀発月経頻発月経無月経などがあります。

 

ツボ療法で気血のめぐりを改善し、心と身体のバランスを整えましょう。

 

さらに詳しくはこちら

 


不妊症

 

医学的な要因が明確な場合と、何度検査しても原因がはっきりしないものがあります。

 

関元や腎兪のツボをケアし、妊娠の機能を高め、体調を改善するのを助けます。

 

さらに詳しくはこちら


つわり

   
   

妊娠による月経停止で、気血の流れに変化が生じます。

 

気の高ぶりが胃腸を刺激し、吐き気、嘔吐が起こります。

 

緩やかなツボ療法は、心の安静と健康的な妊娠生活を目的とします。

 

さらに詳しくはこちら


胎位矯正(逆子)

東洋医学では「気の停滞」「気の不足」「水湿の停滞」などの原因により胎位の転位ができないと考えられます。

 

ツボ療法で気の流れを改善しますが、必ず医師の指導のもとに行ってください。

 

さらに詳しくはこちら


更年期障害

女性ホルモンの減少により自律神経が乱れ、ほてり、動悸、イライラ、不眠などの多くの症状を引き起こします。

 

ツボ療法で自律神経を整え、心身をリラックスさせましょう。

 

さらに詳しくはこちら


胎動不安の予防

 

食生活で充分な滋養を取り入れることが母体・胎児ともにエネルギーを養い、安全な出産へと導きます。

 

ツボ・お灸療法では不安を払い、精神的にリラックスすることが目的です。


乳汁分泌不全

出産による疲れ、体力低下、情緒不安定、内分泌機能不全などの原因があります。

 

東洋医学において乳汁は「気血」と考え、「気血」の不足や停滞が欠乳の原因であるとします。


子宮筋腫

必ず医師の診断を受けた後にはじめてください。

 

筋腫が小さく手術の必要がないと医師が判断した場合や、手術後の治療としてツボ療法をします。

 

投薬中の人は薬と併用してください。


参考資料:ツボブック