女性の症状

胎位矯正(逆子)

逆子とは?

赤ちゃんは通常、頭位(とうい)といって、羊水の中で頭を下にした状態でいます。

 

反対に、頭が上になった状態のことを骨盤位(こつばんい)といい、俗に逆子(さかご)と呼んでいます。

 

妊娠28週頃までは、赤ちゃんは羊水の中で浮かんでいる状態で、頭が大きく重いため、自然に頭位になるのですが、3~5%程度が逆子のままお産になってしまいます。

 

原因としては、ママが小柄(150cm以下)で骨盤が小さい「狭骨盤(きょうこつばん)」の場合や、子宮筋腫によって子宮の容積が狭まる場合、その他様々な原因があります。

 


東洋医学的な考え方

東洋医学からみたとき、冷えが逆子の原因のことがよくあります。

 

母体の下半身が冷えていると、胎児は大切な頭をゆだねることができません。そのため頭を上に移動させてしまいます。いってみれば、胎児の防衛本能と考えられます。

 

ただし、逆子の原因は冷えばかりではありません。

 

東洋医学で言われている、「気」や「血」が足りなかったり、または「気」や「血」が足りていても、全身に循環できていない状態でも、逆子がおこると言われています。

 

 

鍼灸でなおるの?

鍼灸は、昔から逆子の治療に使われてきた伝統的な方法です。が、胎位矯正の開始が遅れるほど、なおる確率が低くなってしまいます。

 

「逆子体操を試してみてから・・・」「次の検診で確認してから・・・」とためらっていると、なおる確率が下がってしまいます。

 

28~29週では、赤ちゃんが小さいので、何もせずなおることもありますが、30週を過ぎてもなおらない場合は、自然になおる確率がガクンと低くなってしまいます。

 

28~30週で鍼灸を行うと、80%以上の逆子はなおると言われていますが、35週を過ぎると50%以下になってしまいます。

 

なおりにくい段階になって鍼灸を受けるよりも、なおりやすい段階で鍼灸を受けた方がリスクを減らせます。

 


よくいただく質問 ~逆子編~

Q.一回でなおりますか?

A.一回でなおる方もいらっしゃいます。

 

ただ、一回でなおるとは限らないので、2~3回の施術を目安にしてください。

 

Q.なおったあと、もう一度逆子になることはありますか?

A.あります。

 

早い時期になおった場合は、子宮にゆとりがあるため、再び逆子になることがあります。

一旦逆子がなおっても、冷え、疲労、ストレスに気をつけることが大切です。

なおったあとも、鍼灸を何度か受けると逆子になりにくい身体になっていきます。

 

Q.なおる確率はどのくらいですか?

A.早く鍼灸をすることで確率は上がります。

 

28~30週で80%以上なおると言われています。

ただし、35週を超えると50%以下に下がってしまいます。

 

参考文献:Moxibustion for Correction of Breech Presentation

 

Q.何週目に行けばいいの?

A.28週目以降、早めに来てください。

 

逆子は自然になおることもあるので、待つことも必要ですが、手遅れになる前に早めに来ることをおすすめします。

 

Q.赤ちゃんに害はないの?

A.赤ちゃんに害を及ぼすことはありません。

 

母体を整えることが逆子治療の本質なので、赤ちゃんが快適に過ごせます。

 

Q.逆子がなおらないときってあるの?

A.ストレスが強いときなど、なおらないことがあります。

 

そのほか、疲れている時、胃腸が冷えている時、子宮の奇経、臍帯が長い時・短すぎる時、前置胎盤の時、胎児が大きくなりすぎた時などがあげられます。

 

Q.普段の生活で気をつけることはありますか?

A.冷えとストレスに注意してください。

 

冷たいものを飲むと、胃腸が冷えてしまい、逆子がなおりにくくなります。

 

また、なかなかなおらないと気にしすぎると、それがストレスになってしまいます。

家族の方は、見守ることに徹したほうが、妊婦さんにプレッシャーを与えずに済みます。