手・腕・腰・足の症状

腰の痛み(ぎっくり腰・慢性腰痛)

鍼灸によって腰痛が改善した方はたくさんいらっしゃいます。腰痛は、鍼灸治療の得意分野のひとつです。

 

しかし、腰痛で悩まれた期間が長ければ、治療期間もそれなりにかかることもあります。あせらずじっくり治していきましょう。

 

腰痛を言葉で表現すると、腰の片側あるいは両側にあらわれる痛みのことで、実際には、腰の筋肉が背中の筋肉とつながっているので、「腰背痛」という言いかたもあります。

 

また、腰痛は足の関節痛を合併する場合が多いので、「腰腿痛」という言いかたもあります。

 

腰痛の原因

腰痛の原因となる病気として、「腰椎椎間板ヘルニア」「腰部脊柱管狭窄症」「変形性脊椎症」「骨粗鬆症」などがあげられます。

 

また、一般にぎっくり腰と呼ばれる「急性腰痛」と、長期間継続している「慢性腰痛」に大きく分けられます。

 

「急性腰痛」は、突然予期せぬタイミングで襲ってくる腰痛で、椎間板ヘルニア、腰椎の捻挫、肉離れなどがあります。

これらには不用意な力仕事、普段からの腰への負担などの原因が潜んでいます。

 

「慢性腰痛」は、運動不足や加齢による筋力低下、長時間の同一姿勢などが腰への負担となり、痛みを生じる場合が多いようです。

また、精神的ストレスや内臓異常が原因となることもあります。

 


東洋医学的な考え方と施術方針

東洋医学的な考えにも、急性の腰痛と慢性の腰痛に分けられます。

 

急性の腰痛は「気血阻滞(きけつそたい)」になると発症し、慢性の腰痛は「寒湿(かんしつ)」「腎虚(じんきょ)」「瘀血(おけつ)」に大きく分けることができます。

 

気血阻滞(きけつそたい)による腰痛

急性タイプの腰痛で、運動の不注意などにより腰の経絡(けいらく=ツボとツボをつなぐ通り道)を損傷すると、気や血が滞り急性腰痛が起こるといわれています。

 

施術方針として、経絡の損傷を修復し、気や血の運行を改善させます。

 

寒湿(かんしつ)による腰痛

寒湿による腰痛は、腰が重たく冷たく痛み、冷やすと悪化、温めると軽減するといった特徴を持ちます。

 

施術方針として、東洋医学的に考える寒さと湿気の邪気を取り除き、腰の気や血の運行を改善させます。

腎虚(じんきょ)による腰痛

腎虚による腰痛は、腰に鈍い痛みがあり経過が長い、腰が冷えていて揉んだり温めたりすると軽減するといった特徴を持ちます。

 

施術方針として、東洋医学で考える腎臓を強くすることによって、腰自体を強化させていきます。

 

瘀血(おけつ)による腰痛

瘀血による腰痛は、腰に刺すような痛みがあり、揉むと痛むといった特徴があります。

 

施術方針として、血液循環を促進し、気と血の運行を改善させ、瘀血を除去します。