腎臓・泌尿器の症状


膀胱炎・尿道炎

排尿時に痛みがあれば膀胱炎(女性)、尿道炎(男性)の疑いがあります。

 

これらの症状になりにくい体質づくりのために、ツボ療法で「気血水」のめぐりをよくします。

 

膀胱炎、尿道炎は、細菌感染のものが多く、抗生物質の投与が必要になりますので、必ず医師に診察してもらってください。

 

詳しい説明は準備中です


トイレが近い

 

下半身を冷やすことにより頻尿になることがありますので、冷やさないことが大切です。

 

慢性の膀胱炎になってしまう前に体内の水分調節、体質改善を心がけましょう。

 

詳しい説明は準備中です


性的不全(ED)

生命力の基本である元気を養うツボを中心に刺激します。

 

精神的、心的原因による性的不全に有効です。

 

EDは生活習慣病や生活習慣病の治療薬が原因で起こることがあります。

 

詳しい説明は準備中です


男性不妊症

男性不妊症を中医学では「不育症」と呼びます。

 

不育症は主に4種類に分けられます。

1.性的不全(ED)

2.精子の異常

3.精液の異常

4.精液運輸障害

 

この中で、性的不全(ED)や精子の異常に属する不育症は、鍼灸で改善認めらることがあります。

 

詳しい説明は準備中です


腎臓病

 

ツボ療法で、腎臓の働きを強化し、機能を高め、本来の働きをするよう心がけます。

 

腎臓病になりにくい体質づくりが目的です。

腎臓の不調によるむくみには、水分、三陰交のケアを。


前立腺肥大症

 

膀胱の開閉機能が失調による「排尿困難」「残尿感」「頻尿」など、前立腺肥大に伴う症状を緩和します。

 

腹部は緩やかな指圧を行い、腰や足のツボはお灸で温めます。


参考資料:ツボブック