初めての方へ

完全予約制で、心をこめて施術させていただきます。

 

山本鍼灸院の院長の山本嘉です

院長 山本 嘉(やまもと よしみ) 


自己紹介: 昭和45年、横浜生まれ。平成6年薬剤師免許取得。平成8年薬学修士課程修了。平成20年鍼師灸師免許取得。


職業: 薬剤師/鍼灸師

 

 

詳しいプロフィールはこちら

 

 


調子が悪いあなたへ

病院へ行っても異常なし…。

でもなんだか調子が悪い。

 

自分に最適な治療がわからなくて困っていませんか。

そんなのとき試していただきたいのが“はり”と“お灸”の東洋医学の力です。

 


はりとお灸について

「はりやお灸って効くの?」

 

という質問をよくいただきます。

 

“はり”や“お灸”は効くのではなく、私たちが本来備え持っている「自然治癒力(病気を治そうとする力)」を高めるのが本来の働きです。

 

不快な症状がやわらぐ、改善する、というのは、あなたが持っている自然治癒力によるものです。

 

 

だから“はり”や“お灸”は効くものではなく、自然治癒力が高まって、その結果、不快な症状がやわらいだり、改善したりするのです。

 

つまり、不快な症状を治しているのは、あなた自身なのです。


東洋医学について

現代医学では、病気を細分化させて、調子の悪い場所や症状の出ている場所を、薬などで緩和させたり、外科手術などでとり除いたりします。

 

しかし、調子が悪く病院に行ったにもかかわらず、「異常ありません」と言われたことはありませんか?

 

現代医学では、病名を特定できない場合は的確な治療戦略が立ちません(不定愁訴、と診断されることが多いです)。

 

一方、東洋医学では、調子が悪いのは身体のバランス(気血水のバランス)がくずれた状態と考え、このバランスを整えてあげることが、症状を改善させる手段となっています。

 


ツボについて

お灸教室の一コマ
お灸教室の一コマ

身体のバランスがくずれると、身体の表面に“痛み”や“コリ”などがあらわれます。その場所に手をあてて、症状を和らげようとしたのが「手あて」のはじまりです。

 

このように「手あて」という言葉は、痛いところ、つらいところに手をあてるところから生まれました。

 

やがて身体のトラブルは、身体の表面にあらわれる“痛み”や“コリ”などと関連していることがわかり、その場所を「ツボ」と呼ぶようになりました。

 

身体への究極の「手あて」、それは“はり”や“お灸”なのかもしれません。


当院のはりやお灸について

「はりの痛み」や「お灸の熱さ」に不安があるのは、あなただけではありませんので、ご安心ください。

 

鍼灸施術で使用される“はり”は、注射針や縫い針に比べるととっても細く、人間の髪の毛程の太さです。

 

痛みはほとんどなく、感覚としては蚊に刺された時のチクッとされた時に似ています。

 

また、使用するはりは、すべて使い捨てのはりを使用しております。  

“はり”の太さのイメージ
“はり”の太さのイメージ

はりは機械的刺激により効果が出るといわれており、お灸は熱刺激により効果が出るといわれています。

 

そのため、お灸には多少の熱さがあるかもしれませんが、当院では、熱さを我慢し続ける施術は行わないのでご安心ください。

 

当院のお灸は、米粒程度の大きさの“もぐさ”を使用し、“もぐさ”に火をつけたら3秒程度で燃え尽きます。

 

また、やけどや跡が残らないように、“もぐさ”と皮膚の間には、薄い台座を置きます。

“お灸”の大きさのイメージ
“お灸”の大きさのイメージ

また、このようなお灸に不安がある方は、間接灸と言われるお灸を用います。

このお灸は、“もぐさ”が皮膚に直接触れないため、‘熱い’ではなく‘暖かい’と感じます。

暖かいお灸の代表“せんねん灸”
暖かいお灸の代表“せんねん灸”

当院の施術方針

当院では、「症状の緩和」→「根本治療」→「セルフケア・養生」という流れで施術を行っています。

 

例えば、“虫歯で歯が痛い”という症状では・・・

 

「症状の緩和」は、歯の痛みを薬などで抑えることが相当します。

ただこのような痛みのとりかたでは、すぐに痛みが再発してしまいます。

 

「根本治療」は、虫歯を抜いてしまう、または悪いところを削ってしまうことが相当します。

 

 

「セルフケア・養生」は、歯磨きや、定期的な歯石とりなどに相当します。

せっかく虫歯が治っても、歯磨きをしなかったり、歯磨きをしてもうまく磨けてなかったりしたら、再び虫歯になってしまいますね。

 

身体の悩みや不快な症状も、虫歯の例と同じことが言えます。

 

まずは悩みや不快な症状を抑えた後、その原因となっているモノをとり除きます。その後、再発防止のため、自宅でできるセルフケアを提案しています。

 

ただ、ストレス、仕事関係、将来のことなどの精神的要因や、交通事故、過労などの肉体的要因等によって、自然治癒力が下がってくることがあります。

 

そのような要因に対応するために、何の症状がなくても健康維持のための施術を受けにきても、何も問題ありません。

 

このような流れで施術を行っていくため、

 「今の症状がなくなればそれでよい」

 「リラクゼーション目的のマッサージをしてもらいたい」

 という方には不向きかもしれません。

 

一方で、

 「健康になりたい」

 「病気の予防に努めている」

と考えている方とは、一緒に健康をサポートさせていただきます。

 


はりやお灸に不安なあなたへ

はりやお灸のことや、山本鍼灸院のことがだいたい理解できた。

だけど、やっぱり少し不安・・・

 

という方のために、電話やメールでの相談を受け付けています。

   

電話は、受付時間内であれば受け付けていますが、施術中などで時間が取れない場合があります。その場合は、こちらから再度電話させていただきます。

 

受付時間 8:30~20:00(土曜日は17:00まで)

休院日  日曜日、水曜日、祝祭日

電話番号 046-897-0919(はりきゅうなら おきゅういく)

電話相談なのですが・・・」とお電話ください。

 

メールは、24時間、365日受け付けています。

お問い合わせとご予約からメールを送信してください。

または、以下のメールアドレスに質問を送ってください。

メールアドレス info@yamamoto-sinkyu.com

 

回答もしやすいので、質問内容は具体的に言っていただければ、と思います。

例)× はりって効くの?

  ○ はりって不妊症に効果があるの?

 

山本鍼灸院では毎月第三日曜日にお灸教室を行っています

また、本格的な施術を受ける前に、お灸教室で身体の変化を体感していただくこともできます。

 

お灸教室は毎月第三日曜日に行っています。


営業日カレンダー

2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
が定休日です。

10月9日は臨時休院します。

10月21日はお灸教室を開催します。

所属している団体


〒239-0828 神奈川県横須賀市久比里1-23-2

TEL・FAX 046-897-0919

info@yamamoto-sinkyu.com