健康保険治療について


次の症状については鍼灸で健康保険が受けられます(医師の同意書が必要)

  1. 神経痛 : 例えば坐骨神経痛など。
  2. リウマチ : 急性、慢性で各関節が腫れて痛むもの。
  3. 腰痛症 : 慢性の腰痛、ぎっくり腰など。
  4. 五十肩 : 肩の関節が痛く、腕が挙げられないもの。
  5. 頚腕症候群 : 頚から肩、腕にかけてシビレ痛むもの。
  6. 頚椎捻挫後遺症 : 頚の外傷、むち打ち症など。
  • その他これらに類似する疾患など

 


保険治療で用意するもの

  •  健康保険を利用出来る疾患の場合、必要書類は実費治療後、その場でお渡しします。この中に「同意書」という書類が含まれています。
  •  患者様のかかりつけの医師から「同意書」に記入をお願いしてください。
  •  次回の鍼灸治療のときに「同意書」と、そのほかに健康保険証印鑑(認印で大丈夫ですが、シャチハタのような自動印は不可)をご用意下さい。

★注意事項★

 鍼灸の保険適用につきましては、以下の事項にご注意下さい。

  • 1.その病気は、先に医師の治療を受けていること。
  • 2.「同意書」を書いていただくお医者様は、日頃かかりつけの先生がよいです。
  • 3.最初にお医者様の「同意書」を受けてから、それ以後は、3ヵ月毎に再度同意が必要です。但し、再度の同意は「同意書」に記入してもらう必要は無く、口頭でも大丈夫な場合があります。
  • 4.保険の種類によっては取り扱いが出来なかったり、患者さん本人が手続きをしなければならないものもあります。
  • 5.保険で鍼灸を受けている期間、その病気についてのみ医院、病院にかかると、鍼灸の施術費は実費となります。

例) 「腰が痛く、病院に通い腰痛症で湿布を処方してもらっている

その場合、その月の腰痛症での鍼灸施術は保険がききません。その月の施術費は患者様の現金負担になってしまいます。