私が開業した理由

私は今、健康です。

しかし、失明の可能性があります。

30歳になったとき、目がやたらと疲れた時がありました。

何気なく眼科に行ってみたら…

 

「眼圧が非常に高いですね。このままでは視神経(目の神経)が侵されて目が見えなくなる可能性がありますよ」

 

医師からはそう宣言されました。

そう、緑内障の危険性があるとのことでした。

焦りました。

当時の仕事は薬剤師。

目が見えなくなると、当然薬剤師免許は剥奪されます。

 

適切な治療を続けていれば、目が見えなくなることはほとんどありません。

 

 

しかし、緑内障患者(または高眼圧患者)には服用できない薬が多くあります。

その薬を飲むことによって、眼圧が高くなり、視神経を圧迫し、視野を狭めることがあるからです。

そこで注目したのが漢方薬でした。

当時、知っている漢方薬は葛根湯だけでしたが、いろいろ勉強しているうちに、その種類の多さに驚きました。

 

また、漢方薬を勉強していくうちに、東洋医学には様々な治療法があることも学びました。

その一つが鍼灸でした。

 

鍼灸治療は、目の不自由な方にも免許が与えられ、それで生計を立てている方がいます。

 

幸か不幸か、この病気になり東洋医学をたくさん勉強できました。

そしてその素晴らしさもたくさん教えられました。

 

もちろん、今の病気は西洋医学で治療を続けているため、東洋医学だけをすすめるわけではありません。

 

鍼灸学校に通うことを決めたとき、仕事を辞めなければいけませんでした。

しかし、仕事を辞めてしまうと、学費どころか生活費までなくなってしまいます。

 

いろいろな薬局に面接に行きました。

ほとんどの薬局は断ってきます。

 

もうこの薬局がだめだったら親に泣きつこう。そう思っていたところ、リンク先にも載せてある田中薬局が採用してくれました。

 

この薬局では、漢方相談を行っている薬局でした。

そこで、恐る恐る尋ねてみました。「私に漢方を教えてください…」

 

そこから毎週土曜日の営業終了後、漢方の勉強会がスタートしました。

 

月曜から金曜日は5時に仕事を終えて鍼灸学校へ(薬局は7時まで営業)。

土曜日の営業時間は4時までなので、4時から5時まで漢方の勉強会。

しんどかったですが、非常に充実していました。

 

このまま、この薬局で働いてもよかったのですが、薬局だけで鍼灸の仕事をしていない。

鍼灸師の免許を取ってから1年たったころ、このままではいけないと思った瞬間でした。

 

人のためになることをしたい。それをどう表現できるのか。

私自身は、東洋医学でした。

 

東洋医学は、病気を治療するだけではなく、病気にならないようにする力もあります。

その素晴らしさをお教えできればと思っています。

 

最後に、

現在私は健康です。

営業日カレンダー

2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
が定休日です。

10月9日は臨時休院します。

10月21日はお灸教室を開催します。

所属している団体


〒239-0828 神奈川県横須賀市久比里1-23-2

TEL・FAX 046-897-0919

info@yamamoto-sinkyu.com