こころの症状

こころの病気は、大きく3つに分けることができます。

 

1.検査で調べて、原因がわかるもの

2.原因ははっきりしないが、人間関係などのストレスが影響して、調子を崩すもの

3.原因がはっきりせず、かつ生活上さほど無理をしていないのに、調子を崩すもの

 

1の身体に原因があるこころの病気として

てんかん、認知症、知的発達障害、アルコールまたは薬物依存による精神障害などがあげられます。

 

2のストレスなどによるこころの病気として

うつ状態、適応障害、自律神経失調症などがあげられます。

 

3の原因がはっきりしないこころの病気として

うつ病、双極性障害(躁うつ病)、不安障害、パニック障害、○○恐怖症(例えば、高所恐怖症)、社会不安障害(対人恐怖症)、解離性障害、自閉症、統合失調症などがあげられます。

 

これらは、医師の診断を続けながら、はりやお灸をすることをおすすめします。

情緒不安定・抑うつ状態(イライラ・不安な気持ち)

イライラ、怒りは「気」を停滞させるので、血圧や内臓機能の働きを損なわせます。

 

内関、神門、太衝は心の高ぶりを抑えるツボです。

心の失調に反応するツボをケアし、心身の緊張を解きほぐします。

 

腹部と背中のツボで緊張をほぐしましょう。

 

詳しい説明はこちらです

双極性障害

双極性障害はかつて、躁うつ病と呼ばれていました。

 

この呼び方のため、うつ病の一種と思われていますが、実は異なる病気です。

 

治療は、薬とカウンセリングを用います。鍼灸は直接改善する要素はありませんが、双極性障害で出やすい症状の改善や、薬の副作用の緩和に適しています。

 

詳しい説明はこちらです

自律神経の乱れ

不規則な生活習慣などによって、身体の機能をコントロールしている自律神経が乱れておこる、身体の不調のことを自律神経失調症と呼んでいます。

 

生活習慣の見直しも必要ですが、肩や背中、お腹などのツボを用いて、身体の緊張を緩めていきましょう。

 

詳しい説明はこちらです

摂食障害

摂食障害には、食事をほとんど取らなくなってしまう「拒食症」と、極端に大量に食べてしまう「過食症」があります。

 

摂食障害は、様々なストレスが要因となっているため、周囲のサポートはもちろん、食生活の乱れによって弱った胃腸をケアするもの大切です。

 

詳しい説明はこちらです

意欲がわかない・脱力感

「気血」不足により「精神衰弱」「精神散漫」などの症状があらわれます。

 

肩、背中のツボは身体の緊張を解きほぐし、関元、腎兪で元気を補って無力感を取り除きます。

 


忘れやすい・集中力がない

「すぐ気が散る」「新聞や本を読んでいても先へ進めない」などの集中力低下が、物忘れの原因であることがあります。

 

「心の滋養」「頭の陽気不足」の解消を目的にツボ療法を行います。

 


神経症(ノイローゼ)

心的ストレスをうけ、心の失調(精神障害)があるときは、背中のツボをケアすると効果的です。

 

背骨とそのわきを中心に緊張を解きほぐし、腰と腹部のツボで気血の停滞解消を試みます。

ストレス

ストレスは身体と深い関係があります。

 

ストレスが溜まると、血圧の上昇や、血液の悪循環により、手足が冷え、消化機能も低下しがちです。

 

ツボ療法で緊張をときましょう。

参考資料:ツボブック

営業日カレンダー

2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
が定休日です。

10月9日は臨時休院します。

10月21日はお灸教室を開催します。

所属している団体


〒239-0828 神奈川県横須賀市久比里1-23-2

TEL・FAX 046-897-0919

info@yamamoto-sinkyu.com