全身の症状

不眠症

現代医学的な考え方

騒音などの外界からの刺激や日常生活の乱れなどによる機会性不眠と、痛みなど睡眠を阻害する要素を持つ身体疾患や精神病、神経症に起因する症候性不眠に分類されます。

 

不眠症状の型としては、入眠障害、早朝覚醒、熟眠障害、まったく眠れないなどがあります。

 

注意を要する不眠

執着傾向や強迫症状など、異常な精神状態がみられるものは、一度病院などで診察してください。

 

鍼灸の適応となる不眠

機会性不眠と神経症不眠が適応になります。

 

【機会性不眠】の病態は、外界の刺激や生活習慣の乱れ、一過性の精神的緊張などによって正常な睡眠が妨げられたり、睡眠リズムがくずれたりするもので、多くは原因がなくなれば症状は改善されます。

 

ただし、不眠による精神的興奮の持続や、自律神経の乱れ等の悪循環が、問題になります。

 

不眠症状の型は、入眠障害、早朝覚醒、熟眠障害、まったく眠れないなど、いずれも現れます。

 

【神経症性不眠】の病態は、機会性不眠が心理的に固着してしまう場合や、原因が特に認められなくても発症する場合があります。

 

不眠症状の型は、入眠障害が多いですが、進行するとまったく眠れないといった訴えが出てきます。

 


東洋医学的な考え方

一時的な精神緊張や考え事、住居環境の影響、異常な暑さや寒さなどにより起こる不眠は、不眠ではないと考えています。

 

東洋医学的な不眠の原因

精神的疲労、長引く病気、暴飲暴食、怒りなどがあげられます。これは特に東洋医学に限ったことではありません。

 

そのため、ストレスや激しい怒りなど、感情変化を避けることが望ましいでしょう。腹式呼吸などを取り入れて精神活動を安定させてみてください。

 

食事は、夜食を控えたり、刺激のある食べ物を避けてみてください。

 

適度な運動は有効ですが、寝る前の運動は適していません。

 

また、寝るときの寝室の明るさの調節も重要になってきます。

 


施術方針

不眠の原因となっているものを確認し、まずはそれをとり除いてもらいます。

 

その後、眠れなかったために起こっている身体の不調を中心に、はりとお灸を用いて施術を行っていきます。

 

また、自宅でできるセルフケアもあるので、それらをお伝えします。

 


営業日カレンダー

     

12月16日はお灸教室を開催します(アドバンスコース)。

年末は12月29日まで営業します。

年始は1月4日から営業します(17時まで)。

所属している団体


〒239-0828 

神奈川県横須賀市久比里1-23-2

TEL・FAX 046-897-0919

info@yamamoto-sinkyu.com