せんねん灸セルフケアサポーター・日本不妊カウンセリング学会会員・ゆび健診倶楽部部員

ものもらい(麦粒腫)

【完全予約制】

山本鍼灸院

〒239-0828 神奈川県横須賀市久比里1-23-2

TEL・FAX 046-897-0919

e-mail info@yamamoto-sinkyu.com

ものもらい(麦粒腫)とは


「ものもらい」は学術的には「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」と呼ばれ、まぶたにある汗や脂を出す腺に、細菌が感染し、まぶたが赤く腫れる病気です。

 

まぶたの外側の汗を出す腺や、まつ毛の毛根に細菌が感染したものを「外麦粒腫(がいばくりゅうしゅ)」と呼びます。

 

また、まぶたの内側で、まつ毛の生え際にあるマイボーム腺(涙が枯れないように脂分を分泌する器官)に細菌が感染したものを「内麦粒腫(ないばくりゅうしゅ)」と呼びます。

 

原因となる細菌の多くは、人の皮膚や粘膜などに常在している“黄色ブドウ球菌”などです。この細菌は、日常生活の中でどこにでも存在しており、病気などで抵抗力が落ちたり、寝不足で免疫機能が低下している時にかかりやすいです。

 

なお、常在菌であるため、他人にうつることはありません。

 

ものもらいと混同されやすい流行性結膜炎


ものもらいは細菌が原因でしたが、流行性結膜炎の原因はウイルスです。

 

原因となるウイルスは、アデノウイルスで、夏かぜの原因ウイルスと同族です。

 

そのため、流行性結膜炎は、夏に多くなる傾向があります。

 

結膜(白目)と角膜(黒目)に炎症が起き、目やにや涙が多く出ます。痒みはほとんどありません。

 

ものもらいと違い、こちらは他の人に感染させてしまいます。

そのため、子供がかかった場合は、出席停止になります。

現代医学的治療と鍼灸の施術方針


ものもらいは、細菌感染のため、抗生物質の点眼薬や眼軟膏剤が使用されます。

症状が進行し、腫れがひどい場合は、切開手術を行うことがあります。

 

鍼灸の施術方針としては、特効穴と言われるツボがあります。

ものもらいになった目と同じ側のツボにお灸をしていきます。

 

目薬や眼軟膏と一緒にお灸をすると、相乗効果が期待できるかもしれません。


横須賀市の鍼灸院 山本鍼灸院

046-897-0919

info@yamamoto-sinkyu.com