· 

ツボの通り道=経絡について

せんねん灸セルフケアサポーター・日本不妊カウンセリング学会会員・ゆび健診倶楽部部員

経絡について

【完全予約制】

山本鍼灸院

〒239-0828 神奈川県横須賀市久比里1-23-2

TEL・FAX 046-897-0919

e-mail info@yamamoto-sinkyu.com

ツボの通り道=経絡について


ツボは「気」や「血」の出入り口とされており、「気」や「血」の状態があらわれます。

 

つまり、ツボに“痛み”や“コリ”があらわれたときには、何らかの原因で「気」や「血」の状態が乱れ、身体の内臓や器官に不調があると推測できます。

 

言い換えれば、ある内臓の調子が悪くなると、特定のツボが反応するので、どのツボに“痛み”や“コリ”があるのかを確認すれば、どの内臓・器官が弱っているのかが推測できます。

 

例えば、「足三里」に痛みなどがあらわれれると、胃の働きが悪いのではないか、と推測できます。

これ以外にも、胃の働きに関係するツボは複数個あります。

 

この内臓や器官とツボを結んでいるのが、「経絡(けいらく)」と呼ばれています。

 

経絡は、以下の内臓・器官に対応しています。

  1. 肺の経絡(手の太陰肺経)
  2. 大腸の経絡(手の陽明大腸経)
  3. 胃の経絡(足の陽明胃経)
  4. 脾の経絡(足の太陰脾経)
  5. 心の経絡(手の少陰心経)
  6. 小腸の経絡(手の太陽小腸経)
  7. 膀胱の経絡(足の太陽膀胱経)
  8. 腎の経絡(足の少陰腎経)
  9. 心包の経絡(手の厥陰心包経)
  10. 三焦経(手の少陽三焦経)
  11. 胆経(足の少陽胆経)
  12. 肝経(足の厥陰肝経)
  13. 督脈経(全身に必要なツボで背骨の上にある)
  14. 任脈経(全身に必要なツボで正中線上にある)

 

次回は、東洋医学の「肺」の働き、について書いていきます。

(前回の話は、“そもそもツボとは”、でした)


横須賀市の鍼灸院 山本鍼灸院

046-897-0919

info@yamamoto-sinkyu.com