目・耳・鼻の症状

花粉症

準備中です<m(__)m>

花粉症は、春に発症するイメージがあるかもしれませんが、そのほかの季節でも花粉症を引き起こしている植物があるのです。


春の花粉症の主な植物は、スギやヒノキで、秋の花粉症の主な植物は、ヨモギやブタクサで、イネ科の植物は一年中花粉を飛散しています。


現代医学的な考え方

花粉症はスギやヒノキ、ブタクサやヨモギなどの花粉が原因となるアレルギー性の病気です。


私たちの身体に、花粉が目や鼻から入ってきます。


この時、免疫細胞である“リンパ球”が、「花粉は異物(アレルギー物質)」と判断すると、リンパ球は“抗体”をつくります。


抗体ができた後、再び身体に花粉が入ってくると、花粉を外へ追い出そうとする反応が起こります。


そのため、くしゃみで吹き飛ばす、鼻水・涙で洗い流す、鼻づまりで中に入れないように病御する、といった免疫反応が起こります。


つまり、免疫反応の誤作動と考えられています。


院長の考える花粉症

花粉症は粘膜のトラブルです。

 

右図の通り、身体の内側の粘膜は、口・鼻~食道~胃~小腸~大腸~肛門のように、全てつながっています。

 

これらから、身体の内側の粘膜にトラブルが起きると、様々な粘膜にトラブルを引き起こすことが考えられます。

 

一例として、腸の粘膜にトラブルが起きると、鼻の粘膜にも伝わって、花粉症を引き起こすと言われています。

 

そのため、胃腸が弱い人や、食物アレルギーがあると、花粉症を発症しやすいとも言われています。


日本では昔から、「腹が立つ」「腑に落ちない」など、こころの状態をお腹の状態に置きかえています。

すなわち、ストレスが多い人ほど粘膜のトラブルが多く、花粉症を発症すると考えています。


花粉症と鼻炎の違い

花粉症は“季節性アレルギー性鼻炎”とも呼ばれていて、花粉の飛ぶ季節に発症する鼻炎のことで

営業日カレンダー

2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
が定休日です。

10月9日は臨時休院します。

10月21日はお灸教室を開催します。

所属している団体


〒239-0828 神奈川県横須賀市久比里1-23-2

TEL・FAX 046-897-0919

info@yamamoto-sinkyu.com