せんねん灸セルフケアサポーター・日本不妊カウンセリング学会会員・ゆび健診倶楽部部員

夜泣き・かんのむし

【完全予約制】

山本鍼灸院

〒239-0828 神奈川県横須賀市久比里1-23-2

TEL・FAX 046-897-0919

e-mail info@yamamoto-sinkyu.com

夜泣き・かんのむしとは


 育児のお悩みで一番多いのは、お子様の夜泣きやギャン泣きではないでしょうか?

 

夜、赤ちゃんが泣きだして泣き止まないことを「夜泣き」と呼び、昼間、ぐずりはじめ、やがてギャン泣きすることを、「かんのむし」と呼びます。

 

昔は、本当に「かんのむし」が身体の中にいると信じられていて、各地で虫きりや虫封じなどの風習があります。

 

ちなみに横須賀市にも、虫封じのお祓いを行っている神社があるようです。

 

夜泣き・かんのむしの原因と施術方針


夜泣きやかんのむしの原因は、いまだはっきりとしていませんが、成長過程において、身体と心のアンバランスや、環境によるストレス、栄養バランスの不適当等が原因ではないかと言われています。

 

対策としては、赤ちゃんを快適にしてあげることが挙げられます。

日中の昼寝や適度な運動、部屋の温度や湿度を快適にする、抱っこする、おむつを替える、授乳する・・・色々とあります。

 

鍼灸では、小児用の“刺さない鍼”や、お灸などを使用して、身体と心を整えていきます。

 

赤ちゃんは感受性が高いので、やり過ぎるとのぼせてしまったりするため、ほんの少しの刺激を与えてあげます。

当院で扱っている“お灸”と“刺さない鍼”


赤ちゃんにはお灸は火を使うので危ないかもしれませんが、言葉の意味が分かるようになる3歳ごろから使用できると思います。

また、小さいお子様には熱いお灸は逆効果になる場合がありますので、熱くないお灸(写真左)をおすすめします。

 

刺さない鍼(写真右)は生後2か月ぐらいから使用できますが、家庭で行う場合は、首が座ってからの方が安全です。

 

家庭で行う場合は、使用方法などを初回の施術時にお話しさせていただきますので、参考にしてみてください。

 

当院での販売価格は、

  • はじめてのお灸・・1,020円(50個)、2,040円(100個)
  • 刺さない鍼・・・・1,650円

となっております(消費税込み)。

 

なお、現在のところ通販は行っておりませんので、ご了承ください。


横須賀市の鍼灸院 山本鍼灸院

046-897-0919

info@yamamoto-sinkyu.com