· 

肺に属するツボ「中府」

せんねん灸セルフケアサポーター・日本不妊カウンセリング学会会員・ゆび健診倶楽部部員

手の太陰肺経

【完全予約制】

山本鍼灸院

〒239-0828 神奈川県横須賀市久比里1-23-2

TEL・FAX 046-897-0919

e-mail info@yamamoto-sinkyu.com

中府(ちゅうふ)


中府の「府」とは、黄の集まるいところをさしています。

中焦の気が最初に集まるところを「中府」としています。

(東洋医学では、人の身体を、上から上焦、中焦、下焦と分けます)

 

場所は、鎖骨外端の下方の陥凹部を探します(雲門というツボです。次回記述します)。その下1寸のところにあります。

 

このツボは、肺の募穴(名を冠した臓腑の体表面にあり、その臓器に異常があると、痛みなどが出現しやすいツボのこと)であるため、肺疾患を治療する常用ツボとされていますが、それほど繁用されていません。

 

ツボの作用として、

  1. 鼻水、鼻頭まり、嗅覚障害、のどの腫れ・痛みなどの「頭顔面部・五官の病症」に使用します。
  2. 臓腑の病症として、咳嗽、喘息、胸痛(呼吸器系)や、嘔吐、食欲不振、腹脹(消化器系=肺の表裏は大腸→https://www.yamamoto-sinkyu.com/lung-pathology/ を参照)等に用います。
  3. その他、肩の痛みにも使用されることがあります。

次回は、2.雲門のツボの特性を書いていきます。

(前回は、“肺に属するツボは11個”でした)


横須賀市の鍼灸院 山本鍼灸院

046-897-0919

info@yamamoto-sinkyu.com