せんねん灸セルフケアサポーター・日本不妊カウンセリング学会会員・ゆび健診倶楽部部員

男性不妊症

【完全予約制】

山本鍼灸院

〒239-0828 神奈川県横須賀市久比里1-23-2

TEL・FAX 046-897-0919

e-mail info@yamamoto-sinkyu.com

男性が原因の不妊症


WHOの調査では、不妊の原因が女性側のみにあるものが41%、男性側のみにあるものが24%、両方に原因があるものが24%、原因不明が11%と言われています。

 

すなわち、不妊の原因の48%は男性にもあると言われています。

 

男性側の主な原因は、精液の異常が多く、こちらもWHOが基準を出しており

  • 精液量:1.5mL以上
  • 精子濃度:1500万/mL以上
  • 総精子数:3900万以上
  • 総運動率:40%以上
  • 正常形態率:4%以上

となっています。

 

そのほかの男性不妊症の原因は、精巣の中で精子が生産されにくい「造精機能障害」、精子の通り道が塞がっている「精路通過障害」、性欲低下や勃起しない、射精出来ない等の「性機能障害」に大別されます。

 

男性不妊症の原因


男性不妊症の原因は、婦人科や泌尿器科で調べますが、上に書いたように主に「造精機能障害」、「精路通過障害」、「性機能障害」があります。

造精機能障害


精巣の中で精子が正常に作られない障害です。

原因不明の場合が多いですが、以下の場合があります。

 

【精索静脈瘤】

男性不妊症の約3割を占める疾患です。

精巣から心臓に戻る静脈内の血液が逆流し、精巣の周りにこぶができてしまう状態です。

左側の陰嚢にこぶができることが圧倒的に多く、一般の成人男性の15%がなっています。

外科的治療が可能で、この静脈瘤の手術をすると、精液の濃度と運動率が、3か月後に改善がみられます。

 

このほかの造精機能障害として、脳下垂体疾患、停留精巣、精巣腫瘍などがあります。

精路通過障害


大半の場合は「無精子症」になります。

 

無精子症とは、精液中に精子がないことを言い

  • 精子の通り道に問題がある
  • 精巣が精子をつくる機能が低下している

場合があります。

 

こちらも外科的に精子の通り道の再建術を行うと、精液所見が正常化することがあります。

性機能障害


精液所見に異常はないが、精子が配偶者の生殖器官に到達できない場合を指します。

すなわち、勃起障害や射精障害、性欲低下等が挙げられます。

 

こちらは薬物治療(バイアグラ等)や心理療法が主となります。

施術方針


造精機能障害や精路通過障害は、泌尿器科などで外科的処置が行われますが、鍼灸もサポートとして行うことが可能です。

 

性機能障害では、鍼灸でできることが多くあります。

エネルギーを補うツボや、栄養の吸収を高めるツボ、自律神経をととのえるツボなどを刺激し、体質の改善をはかります。

 

不妊症の治療は、奥様の孤独感や治療負担感など、男性には想像しがたいものがあります。

男性が協力することで、安心感や信頼感が生まれると、精神的な影響が大きいと思われます。

この、安心感や信頼感は、母体にとって非常に大切です。

男性は、精子の提供が済んだらお役御免ではありません。ともに協力していきましょう。


横須賀市の鍼灸院 山本鍼灸院

046-897-0919

info@yamamoto-sinkyu.com