せんねん灸セルフケアサポーター・日本不妊カウンセリング学会会員・ゆび健診倶楽部部員

夜尿症(おねしょ)

【完全予約制】

山本鍼灸院

〒239-0828 神奈川県横須賀市久比里1-23-2

TEL・FAX 046-897-0919

e-mail info@yamamoto-sinkyu.com

夜尿症とおねしょ


「おねしょ」は、5歳未満の子供が夜寝ている間の尿もれをさします。

 

「夜尿症」は、5歳を過ぎて1ヵ月に1回以上のおねしょが3カ月以上つづくもの、と定義されています。

 

 

女の子よりも男の子に多いとされていて、5歳で15%前後のお子様にみられ、10歳で10%前後、15歳で1~2%程度みられます。成人した後でも0.5%位は夜尿症がなくならないと言われています。

 

夜尿症の原因は、以下の理由が考えられますが、まだ科学的に解明されたわけではありません。

 

夜尿症の原因


夜尿症の原因として

  • 寝ている間につくられる尿の量が多い
  • 膀胱に尿を十分ためられない

などが挙げられ、夜尿症の場合、尿意で目をさますことが出来ないという覚醒障害があり、寝ている間に尿もれをしてしまう、と言われています。

施術方針


まずはを生活習慣の見直しを行います。

 

水分は、昼間に十分な量(学童期で1リットル以上)を摂取し、膀胱を訓練していきます。

このとき、ジュースなどは避けましょう。

そして夕方以降は、水分の摂取は最小限に抑えるようにしていきます。

 

また、便秘は、大腸に溜まった便が、膀胱を圧迫するので、尿が近くなります。

便秘の解消も大切です。

便秘がある場合は、食物繊維や発酵食品の摂取を心がけてください。

 

寝ている時は、抗利尿ホルモンが分泌されているので、むやみに起こさないことも大切です。

そして何より、怒らず、あせらずに見守ることが大切です。

 

鍼灸では、小児用の刺さない鍼や、熱くなり過ぎないお灸を用いて身体と心を整えていきます。

刺さない鍼と熱くなり過ぎない記事を、「夜泣き・かんのむし」のページに書いてありますので、参考にしてください。

 


横須賀市の鍼灸院 山本鍼灸院

046-897-0919

info@yamamoto-sinkyu.com