せんねん灸セルフケアサポーター・日本不妊カウンセリング学会会員・ゆび健診倶楽部部員

過敏性腸症候群

【完全予約制】

山本鍼灸院

〒239-0828 神奈川県横須賀市久比里1-23-2

TEL・FAX 046-897-0919

e-mail info@yamamoto-sinkyu.com

過敏性腸症候群とは


腹痛を伴った便秘・下痢などの便通異常が慢性的に続いている・・・

それは「過敏性腸症候群」かもしれません。

 

過敏性腸症候群とは、小腸や大腸に腫瘍や炎症などの異常が見つからないのに、便通の異常や腹部の不快感が続く病気です。

 

便通異常の症状として、次の3つのパターンに分類されています。

  1. 便秘型
  2. 下痢型
  3. 交替型

便秘型の人は、ストレスを感じると便秘が悪化します。

下痢型の人は、緊張するとお腹を下します。

交替型の人は、便秘や下痢を繰り返して、便の状態が変動します。

過敏性腸症候群の症状


過敏性腸症候群の主な症状は、腹痛腹部不快感便通異常便秘型・下痢型・交替型)が挙げられます。

 

「腹痛」は、痛む場所が必ずしも一定していません。痛みの程度も軽いものもあれば、しぼられるような強い痛みが出るなど、程度は様々ですが、排便によって腹痛が和らぐのが特徴です。

 

「腹部不快感」は、下痢または便秘が長く続く、下痢と便秘を繰り返す、腹部膨満感、ゲップが多い、おならが多い、吐き気や嘔吐等が挙げられます。

 

「便通異常」で、

『便秘型』の場合は、腹痛がある慢性的な便秘、排便をする時に腹部が苦しくなる等が挙げられます。

 

『下痢型』の場合は、腹痛がある慢性的な下痢、1日に何度もトイレに行く等が挙げられます。

 

『交替型』の場合は、下痢と便秘を繰り返す、が挙げられます。

 

先に書いたように、大腸や小腸に異常がないため、命に関わる病気ではありませんが、つらい症状が長期間続くため、はやめに改善しておきたいものです。

 

また、女性の方が多く発症し、年齢とともに減ってくることがわかっています。

過敏性腸症候群の原因


過敏性腸症候群の原因は、まだよくわかっていませんが、様々な説と誘因は、以下のように考えられています。

 

【誘因】

ストレス、緊張、脂肪分の多い食物、消化の悪い炭水化物(豆やとうもろこし等)、乳製品が誘因となって、症状が引き起こされていると言われています。

 

【原因】

ストレスが原因で、消化管の運動機能が障害され、下痢や便秘を生じる説や、刺激を痛みとして感じる、内臓知覚過敏説、その他様々な原因が考えられていますが、明らかな原因は未だにわかっていません。

過敏性腸症候群の診断基準


診断には国際的な基準(ローマIII基準)が用いられます。

 

最近3カ月の間に、1カ月あたり3日以上の腹痛や、お腹の不快感が繰り返し起こり、下記の2項目以上の特徴を示すものとされます。

  1. 排便によって症状が和らぐ
  2. 症状とともに排便回数が変わる(増えたり減ったりする)
  3. 症状とともに便の形状が変わる(硬くなったり柔らかくなったりする)

これらには、大腸がんなどの悪性腫瘍や、炎症性の腸疾患等の異常が見つからないことが条件であるため、大腸内視鏡検査や大腸造影検査を行います(当院では行えない検査です)。また、症状に応じて腹部超音波検査やCT検査等を使する場合があります(こちらも当院ではできません)。

施術方針


一般的な病院やクリニックでは、薬物療法が一般的です。

それでも改善がみられない場合、鍼灸による非薬物療法を受けることが多いです。

 

鍼灸では、自律神経を整える、腸の働きを改善する、ストレスを解消する、を中心に、身体全体の巡りを整えます。

 

鍼灸を施すだけでなく、生活習慣の見直しも必要となってきますので、食事、睡眠、運動を心がけると良いでしょう。


横須賀市の鍼灸院 山本鍼灸院

046-897-0919

info@yamamoto-sinkyu.com