· 

東洋医学の「肺」の働き

せんねん灸セルフケアサポーター・日本不妊カウンセリング学会会員・ゆび健診倶楽部部員

東洋医学の肺の生理

【完全予約制】

山本鍼灸院

〒239-0828 神奈川県横須賀市久比里1-23-2

TEL・FAX 046-897-0919

e-mail info@yamamoto-sinkyu.com

現代医学と東洋医学の「肺」の働きの違い


現代医学の肺の働きは、呼吸で取り込んだ酸素を、二酸化炭素と交換し吐き出します。

 

いっぽう、東洋医学の肺の働きは

  1. 呼吸を主る
  2. 宣発と粛降を主る
  3. 水道を通調する
  4. 皮毛を主る
  5. 肺は咽喉に通じ、鼻に開竅する
  6. 肺の液は涕
  7. 肺の表裏は大腸
  8. 肺の華は皮毛

このうち、1と2は、現代医学と同じ呼吸機能で、宣発(せんぱつ)とは呼気を差し、身体で使われ、不要となった濁気(二酸化炭素に相当)を体外に吐き出すといった働きがある。

 

粛降(しゅくこう)とは主に吸気を差します。粛降の粛は、静粛の粛であり、清らかであることを示します。すなわち、粛降作用とは、呼気を主として、気道を清潔にするといった意味があります。

 

3以降の働きは、“東洋医学の「肺」の働き(その2)”に書いていきます。

 

(前回は、“ツボの通り道=経絡について”でした)


横須賀市の鍼灸院 山本鍼灸院

046-897-0919

info@yamamoto-sinkyu.com