血液検査から栄養状態を考える

基準値内なのに栄養不足?

上の写真は、院長が献血した時にいただいている、血液検査データです。

 

院長は健康体ですが、よく「手が冷たい」と言われています。そんな時は、

「こころがあったかいからだよ」と返しています。

 

でも、実際はどうなんでしょうか?

 

ここで使用するのが、血液検査データです。

このデータを見てみると、すべてが基準値内におさまっています。

基準値内におさまってから健康、とは限らないのです。

 

基準値は、あくまでも病気になりにくい値ということで、東洋医学でいうところの「未病」に相当します。

 

「未病」とは、病気ではないけれど、何となく調子が悪い、といった、病気の芽に相当します。

 

では、院長の血液検査データから、何が読み取られるのでしょうか?

 

検査結果のうち、MCV(平均赤血球容積)に注目すると

基準値が83.0~99.5fLと書かれています。

 

過去5回の結果は、いずれも基準値内に入っています。

しかし、基準値=“理想の値”とは限らないのです。

 

院長のMCVは、基準値内ではありますが、理想の値より低い状態にあります。

これは「鉄分不足」を意味しています。

 

鉄分が不足していると

  • 寝起きが悪い
  • イライラしやすい
  • 食欲不振
  • 些細なことが気になる
  • 湿疹や肌荒れ
  • 手足が冷えやすい
  • 動悸・息切れ
  • 立ちくらみやめまいがする

などが表れます。

まさに、院長の「手が冷たい」のは、鉄分不足が原因なのでは、と推測できます。


血液ドックで4年間研修してきました

院長は、このデータ解析を、「田町アイシークリニック」という血液ドックを受けられる病院の医師から直接指導を受け、検査結果から足りない栄養を推測し、アドバイスができるように勉強してきました。

 

もしあなたが、院長と同じように、検査データは基準値内だけど、何となく不調と感じるのであれば、血液検査データをお持ちください。

 

院長が責任をもって、レポートを作成します。

 

食事でバランスをとり、はりとお灸で体調をととのえる。

養生法としては理想と考えられます。

 

ご興味のある方は、ご連絡ください。

046-897-0919

info@yamamoto-sinkyu.com

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

==========================

【横須賀市久里浜周辺】山本鍼灸院

 

ご予約は

TEL 046-897-0919(はりきゅうなら おきゅういく)

メール info@yamamoto-sinkyu.com

までお願いします。

 

定休日 水曜日・日曜日・祝祭日 

受付時間 8:30~20:00(土曜日は17:00まで)

 

営業日カレンダー

     

12月16日はお灸教室を開催します(アドバンスコース)。

年末は12月29日まで営業します。

年始は1月4日から営業します(17時まで)。

所属している団体


〒239-0828 

神奈川県横須賀市久比里1-23-2

TEL・FAX 046-897-0919

info@yamamoto-sinkyu.com