· 

大腸に属するツボ「合谷」

せんねん灸セルフケアサポーター・日本不妊カウンセリング学会会員

手の陽明大腸経

【完全予約制】

山本鍼灸院

〒239-0828 神奈川県横須賀市久比里1-23-2

TEL・FAX 046-897-0919

e-mail info@yamamoto-sinkyu.com

合谷(ごうこく)


このツボは、親指と人さし指が会うところであり、指を開いた時の形が深い谷のようであることから「合谷」と命名されました。

 

「合谷」の位置は、手の甲を上にして、親指と人さし指の付け根になります。

 

このツボにはとても強い開閉、瀉熱、沈驚、止痛の作用があります。

このため、閉尿、便秘、乳汁不行、閉経、滞産、無汗などの開閉の作用があります。

 

そのほかの作用として

  1. 本経の循行部(肩・腕・肘・手関節)の痛みやしびれ、片麻痺、五十肩などに使用されることがあります。
  2. 顔面部の症状で、頭痛、めまい、目の充血、鼻炎、歯痛、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、耳鳴り・難聴、のどの腫れや痛みなどに使用されることがあります。
  3. 臓腑の病症として、呼吸器系(風邪、咳、悪寒発熱など)、消化器系(胃痛、腹痛、下痢、便秘など)、婦人科系(閉経、月経痛、滞産、乳汁不足など)、循環器系(心痛など)等に使用されることがあります。

このように、万能のツボであることがわかりますが、注意点を上げるとすれば、銅人(銅製の人体模型で1207年に作成され、医者の試験に用いられた)に「妊娠に刺してはいけない」、とされています。参考までに。

 

 

次回は、手の陽明大腸系のツボ「陽渓」について書いていきます。

(前回は、“大腸系に属するツボ「三間」”でした)


横須賀市の鍼灸院 山本鍼灸院

046-897-0919

info@yamamoto-sinkyu.com