· 

大腸に属するツボ「偏歴」

せんねん灸セルフケアサポーター・日本不妊カウンセリング学会会員

手の陽明大腸経「偏歴」

【完全予約制】

山本鍼灸院

〒239-0828 神奈川県横須賀市久比里1-23-2

TEL・FAX 046-897-0919

e-mail info@yamamoto-sinkyu.com

偏歴(へんれき)


不正を「偏」といい、通過を「歴」といいます。

大腸の別の経絡(経別)は、ここより斜めに行き、腕を通過し、また別れて手の太陰肺経に走ることから、「偏歴」と名付けられました。

 

ツボの場所は、写真にあるように、“陽渓”と“曲池”を結ぶ線上で、手関節横紋の上3寸(指幅4本分)上にあります。

 

遍歴は大腸の絡穴(らっけつ)です。

絡穴とは、疾病の際、反応のよくあるところとされていて、慢性疾患に効果があると言われています。

 

このツボは、

  1. 本経の循行部(肩・肘・前腕)の痛みに使用されることがあります。
  2. 顔面部の症状で、頭痛、鼻血、目の充血、視力低下、耳鳴り、歯痛などに使用されることがあります。
  3. 臓腑の病症として、小便不利や浮腫などに使用されることがあります。

 

 


ツボの話 肺経大腸経-胃経-脾経-心経-小腸経-膀胱経-腎経-心包経-三焦経-胆経-督脈-任脈

「東洋医学の大腸の働き」 商陽二間三間合谷陽渓遍歴温溜下廉上廉-手三里-曲池-肘髎-手五里-臂臑-肩髃-巨骨-天鼎-扶突-禾髎-迎香

横須賀市の鍼灸院 山本鍼灸院

046-897-0919

info@yamamoto-sinkyu.com