· 

大腸に関するツボ「下廉」

せんねん灸セルフケアサポーター・日本不妊カウンセリング学会会員

手の陽明大腸経

【完全予約制】

山本鍼灸院

〒239-0828 神奈川県横須賀市久比里1-23-2

TEL・FAX 046-897-0919

e-mail info@yamamoto-sinkyu.com

下廉(げれん)


「廉」とはひし形の角という意味になります。

このツボは、曲池(後述)の下4寸にあり、肘を曲げてこぶしを握ると、この部分の筋肉がひし形に隆起することから、「下廉」と命名されました。

 

「下廉」のツボの位置は、「陽渓」と「曲池」結ぶ線上で、肘関節横紋の下4寸にあります。

 

このツボは、

  1. 本経の循行部(肘・腕)の痛みや片麻痺に使用されることがあります。
  2. 顔面部の症状で、頭痛、めまい、目の痛みなどに使用されることがあります。
  3. 臓腑の病症として、呼吸器系(肺疾患など)、消化器系(腹痛、消化不良、下痢など)に使用されることがあります。

 

次回は、大腸に属するツボ「上廉」について書いていきます。

(前回は、“大腸に属するツボ「温溜」”でした)


横須賀市の鍼灸院 山本鍼灸院

046-897-0919

info@yamamoto-sinkyu.com