· 

東洋医学の「大腸」の働き

せんねん灸セルフケアサポーター・日本不妊カウンセリング学会会員

東洋医学の「大腸」の働き

【完全予約制】

山本鍼灸院

〒239-0828 神奈川県横須賀市久比里1-23-2

TEL・FAX 046-897-0919

e-mail info@yamamoto-sinkyu.com

東洋医学の「大腸」の生理作用と病理作用


現代医学の大腸の働きは、小腸から送られてきた液状の内容物から水分を吸収し、糞便にします。この糞便をがまんするため溜めたり、肛門からの排便が主な働きになります。

 

東洋医学の大腸の働きは、ほぼ同じで、食べ物のカスを外に出す働きがあります。東洋医学の言葉を用いると、

「糟粕の伝導を主る(そうはくのでんどうをつかさどる)」

となります。

 

この大腸に異常をきたすと、排便異常を引き起こします。

具体的には、下痢や便秘になります。

 

病理変化も、現代医学と東洋医学で、ほとんど差が無いことがわかります。

「大腸」に属するツボは20個


大腸は、東洋医学の「陰」と「陽」に分けると、「陽」に属します。

さらに「陽」を分けると、「太陽」、「少陽」、「陽明」の3つになります。

 

大腸は、手の「陽明」に属していて、20個のツボを有します。

 

難しい話しになってしまいましたが、「大腸」の性質を持ったツボが20個あり、そのツボもそれぞれ特性を持っています。

 

今回は、ツボの特性の前に、ツボの名前を列挙します。

  1. 商陽(しょうよう)
  2. 二間(じかん)
  3. 三間(さんかん)
  4. 合谷(ごうこく)
  5. 陽渓(ようけい)
  6. 偏歴(へんれき)
  7. 温溜(おんる)
  8. 下廉(げれん)
  9. 上廉(じょうれん)
  10. 手三里(てさんり)
  11. 曲池(きょくち)
  12. 肘髎(ちゅうりょう)
  13. 手五里(てごり)
  14. 臂臑(ひじゅ)
  15. 肩髃(けんぐう)
  16. 巨骨(ここつ)
  17. 天鼎(てんてい)
  18. 扶突(ふとつ)
  19. 禾髎(かりょう)
  20. 迎香(げいこう)

 

大腸に属するツボはそれほど多くありませんが、様々なツボの特性があります。

 


ツボの話 肺経大腸経胃経脾経心経小腸経膀胱経-腎経-心包経-三焦経-胆経-督脈-任脈

「東洋医学の大腸の働き」 商陽二間三間合谷陽渓遍歴温溜下廉上廉-手三里-曲池-肘髎-手五里-臂臑-肩髃-巨骨-天鼎-扶突-禾髎-迎香

横須賀市の鍼灸院 山本鍼灸院

046-897-0919

info@yamamoto-sinkyu.com