· 

肺に属するツボ「雲門」

せんねん灸セルフケアサポーター・日本不妊カウンセリング学会会員・ゆび健診倶楽部部員

手の太陰肺経

【完全予約制】

山本鍼灸院

〒239-0828 神奈川県横須賀市久比里1-23-2

TEL・FAX 046-897-0919

e-mail info@yamamoto-sinkyu.com

雲門(うんもん)


雲門の「雲」とは霧をいい、「門」は出入りする門のことです。

身体の中の肺の“気”が、ちょうど霧のように始めて出てくる門、ということから「雲門」と命名されました。

 

場所は、鎖骨外端の下方の陥凹部です。

 

このツボには、肺の気と手足の熱を瀉す作用があるため、肺疾患および肩部の痛み、手足の熱などの症状に有効とされています。

 

ツボの作用として

  1. 本経の循行部の病症(肩部痛)や手足の冷えに使用します。
  2. 肺(呼吸器)の病症として、咳嗽、喘息、胸痛などに使用します。
  3. その他の病症として、手足の熱、急激な心腹痛などに使用します。

次回は、3.天府のツボの特性を書いていきます。

(前回は、“肺に属するツボ「中府」”でした)


横須賀市の鍼灸院 山本鍼灸院

046-897-0919

info@yamamoto-sinkyu.com