· 

肺に属するツボ「天府」

せんねん灸セルフケアサポーター・日本不妊カウンセリング学会会員

手の太陰肺経

【完全予約制】

山本鍼灸院

〒239-0828 神奈川県横須賀市久比里1-23-2

TEL・FAX 046-897-0919

e-mail info@yamamoto-sinkyu.com

天府(てんぷ)


東洋医学で、鼻は「肺」の竅(簡単に言うと穴のこと)であり、「肺」は鼻を借りて天気と通じていると言われています。そして「肺」は人体の“気”の腑(五臓六腑でいうところの六腑に、「肺」が含まれています)であることから、『天府(てんぷ)』と名付けられました。

 

ツボの位置は、ひじ関節の横紋より6寸(指幅8本分)上で、上腕二頭筋の一番高くなっているところの、外側のふちにあります。

 

このツボは、利肺(肺を健康にする)、安神(不安や心配がないこと)があると言われています。

 

ツボの作用として

  1. 本経の循行部(肩や上腕)の痛みや麻痺、しびれがある時に使用します。
  2. 頭顔面部や五官(目・舌・鼻・耳・皮膚)の病症である、鼻炎や目眩(めまい)、近視などに使用されます。
  3. 臓腑の病症(肺に属しているため、呼吸器の病症)である咳嗽や喘息などに使用されます。
  4. 神志(精神、意識活動のこと)の病症として、物忘れが激しいものや悲しみ慟哭するものに使用されます。
  5. その他、身体の腫れ、重だるさなどに使用されます。

次回は、4.俠白のツボの特性を書いていきます。

(前回は、“肺に属するツボ「雲門」”でした)


横須賀市の鍼灸院 山本鍼灸院

046-897-0919

info@yamamoto-sinkyu.com