· 

肺に属するツボ「列缺」

せんねん灸セルフケアサポーター・日本不妊カウンセリング学会会員・ゆび健診倶楽部部員

手の太陰肺経

【完全予約制】

山本鍼灸院

〒239-0828 神奈川県横須賀市久比里1-23-2

TEL・FAX 046-897-0919

e-mail info@yamamoto-sinkyu.com

列缺(れっけつ)


「列」は「裂」に通じ、分解するという意味があります。

「缺」は器の裂け目という意味があります。

このツボは、手の関節の骨の裂目のところに位置しており、経脈がここから別行している(写真を見ると、カクッと曲がっているのがわかります)ため、このような名前が付きました。

 

列缺の位置は、手の関節の横紋の上1.5寸(指幅2本)のところでやや親指側にあります。

 

列缺の作用は多くあります。

肺の気を主るだけでなく、水や生殖器、頭、皮毛などを主っています。そのため

  1. 本経の循行部(肩や上腕または肘)の痛みや腫れ、麻痺などに使用されます。
  2. 頭顔面部の病症として、頭痛、口眼歪斜、顔面神経麻痺、三叉神経痛、のどの腫れや痛みに使用されます。
  3. 臓腑の病症として、呼吸器系(咳など)、消化器系(下痢腹痛など)、循環器系(高血圧など)、泌尿生殖器系(稽留流産など)に使用されています。

 

次回は、8.経渠のツボの特性を書いていきます。

(前回は、“肺に属するツボ「孔最」”でした)


横須賀市の鍼灸院 山本鍼灸院

046-897-0919

info@yamamoto-sinkyu.com