· 

東洋医学の「脾」の働き

せんねん灸セルフケアサポーター・日本不妊カウンセリング学会会員

東洋医学の「脾」の働き

【完全予約制】

山本鍼灸院

〒239-0828 神奈川県横須賀市久比里1-23-2

TEL・FAX 046-897-0919

e-mail info@yamamoto-sinkyu.com

東洋医学の「脾」の生理作用


東洋医学の「脾」は、西洋医学の「脾臓」とは対応していません。

もしも対応させるとしたならば、「すい臓」が「脾」と対応しているかもしれません。

 

その東洋医学の「脾」の働きは、

  1. 運化を主る
  2. 昇清を主る
  3. 統血を主る
  4. 気血津液生成の源
  5. 肌肉と四肢を主る
  6. 口に開竅する
  7. 脾の華は唇
  8. 脾の液は涎
  9. 脾の表裏は胃

となっています。

1.「運化」とは、消化・吸収・転輸のことで、運化を主るとは、食物の栄養物質と水液を消化・吸収をし、それらを全身に運ぶことをさします。

 

2.「昇清」の昇は、脾の気が上昇する性質を持つことを言い、清とは、消化・吸収された栄養物質のことをさします。

すなわち、内臓が下がることを防止していることと、吸収された栄養物質を心肺などへ昇らせ、栄養を全身に送ることをさします。

 

3.「統血」とは、血液の流れのことで、これをコントロールすることをさします。

 

4.「気血津液」とは、食物が消化されると生成する物質のことで、身体にはなくてはならい物質です。脾はこの生成に関わる臓器になります。

 

5.「肌肉」とは、筋肉とほぼ同じです。「四肢」とは、手足のことです。脾の消化吸収作用によって、身体をつくっています。

 

6.「口」7.「唇」8.「涎(よだれ)」は、脾と味覚の密接な関係を表しています。

 

9.「脾の表裏は胃」とは、脾の病が長引くと、胃に波及することを意味します。

 

東洋医学の「脾」の病理作用


1.「運化」が働かないと、食欲不振、食後の腹部膨満感、下痢や泥状便などの消化不良の症状や、身体に余分な水分が溜まるため、浮腫が生じたりします。

 

2.「昇清」が働かないと、内臓下垂(胃下垂、脱肛、子宮下垂など)を起こしやすくなります。また、栄養が行きわたらないため、疲れやすくなったり、めまいを起こすことがあります。

 

3.「統血」が働かないと、出血傾向(鼻血、血便、血尿、皮下出血、月経過多、不正性器出血など)がみられることがあります。

 

4.「気血津液」が生成されないと、疲れやすく無気力になったり(気の不足)、手足がしびれたり目のかすみ、月経不順が起こったり(血の不足)、肌が乾燥(津液の不足)したりします。

 

5.「肌肉と四肢」が弱ってくると、身体が痩せたり、手足に力が入らなくなります。

 

6.「口」7.「唇」8.「涎(よだれ)」が弱ってくると、味覚障害や食欲不振に陥ります。また、口のまわりにできものができたり、涎が出過ぎたりまたはでなかったりします。

 

9.「脾」と「胃」は、別々に捉えないで、一つの内臓と考えてもいいかもしれません。

「脾」に属するツボは21個


脾は、東洋医学の「陰」と「陽」に分けると、「陰」に属します。

さらに「陰」を分けると、「太陰」、「少陰」、「厥陰」の3つになります。

 

脾は、足の「太陰」に属していて、21個のツボを有します。

 

難しい話しになってしまいましたが、「脾」の性質を持ったツボが21個あり、そのツボもそれぞれ特性を持っています。

 

今回は、ツボの特性の前に、ツボの名前を列挙します。

  1. 隠白(いんぱく)
  2. 大都(だいと)
  3. 太白(たいはく)
  4. 公孫(こうそん)
  5. 商丘(しょうきゅう)
  6. 三陰交(さんいんこう)
  7. 漏谷(ろうこく)
  8. 地機(ちき)
  9. 陰陵泉(いんりょうせん)
  10. 血海(けっかい)
  11. 箕門(きもん)
  12. 衝門(しょうもん)
  13. 府舎(ふしゃ)
  14. 腹結(ふくけつ)
  15. 大横(だいおう)
  16. 腹哀(ふくあい)
  17. 竇(しょくとく)
  18. 天渓(てんけい)
  19. 胸郷(きょうきょう)
  20. 周栄(しゅうえい)
  21. 大包(だいほう)

脾に属するツボはそれほど多くありませんが、色々なツボの特性があります。

 

 


ツボの話 肺経大腸経胃経脾経心経小腸経-膀胱経-腎経-心包経-三焦経-胆経-督脈-任脈

「東洋医学の脾の働き」 隠白-大都-太白-公孫-商丘-三陰交-漏谷-地機-陰陵泉-血海-箕門-衝門-府舎-腹結-大横-腹哀-食竇-天渓-胸郷-周栄-大包

横須賀市の鍼灸院 山本鍼灸院

046-897-0919

info@yamamoto-sinkyu.com