· 

胃に属するツボ「人迎」

せんねん灸セルフケアサポーター・日本不妊カウンセリング学会会員

足の陽明胃経「人迎」

【完全予約制】

山本鍼灸院

〒239-0828 神奈川県横須賀市久比里1-23-2

TEL・FAX 046-897-0919

e-mail info@yamamoto-sinkyu.com

人迎(じんげい)


人迎

人迎の「迎」は、動くという意味があります。

人迎の「人」は、中国で用いられた診断法の「三部九候診(さんぶきゅうこうしん)の一つで用いられている、「天・地・人」の部位のうち、人の位置にツボがあるため、「人迎」と命名されました。

 

ツボの位置は、喉頭隆起(いわゆる“のどぼとけ”のこと)の外側で、指幅2本分(1.5寸)のところにあり、動脈が触れるところにあります。

 

ツボの作用は、

  1. 頭面部・五官の病症として、頭痛、めまい、咽喉の腫れや痛みに使用されることがあります。
  2. 臓腑の病症として、呼吸器系(胸脇苦満、喘息など)、消化器系(嘔吐、嚥下困難など)、循環器系(高血圧など)に使用されることがあります。

このツボは、お灸を行ってはいけない「禁灸穴」となっています。

セルフケアを行う場合は、お灸ではなく、動脈を避けて、置き鍼を使用してください。


ツボの話 肺経大腸経胃経脾経心経小腸経膀胱経腎経心包経三焦経胆経肝経督脈-任脈

東洋医学の胃の働き」 承泣四白巨髎地倉大迎頰車下関頭維人迎水突気舎欠盆-気戸-庫房-屋翳-膺窓-乳中-乳根-不容-承満-梁門-関門-太乙-滑肉門-天枢-外陵-大巨-水道-帰来-気衝-髀関-伏兎-陰市-梁丘-犢鼻-足三里-上巨虚-条口-下巨虚-豊隆-解渓-衝陽-陥谷-内底-厲兌

横須賀市の鍼灸院 山本鍼灸院

046-897-0919

info@yamamoto-sinkyu.com