· 

東洋医学の「心」の働き

せんねん灸セルフケアサポーター・日本不妊カウンセリング学会会員

東洋医学の「心」の働き

【完全予約制】

山本鍼灸院

〒239-0828 神奈川県横須賀市久比里1-23-2

TEL・FAX 046-897-0919

e-mail info@yamamoto-sinkyu.com

東洋医学の「心」の生理作用


西洋医学の「心臓」に対応する東洋医学の内臓は「心」と「心包」になります。

「心包」は、心の外面を包んでいる膜であり、心を保護する作用があります。

「心」と「心包」は別々のツボがありますが、働きはほぼ一緒と考えられています。

  1. 血脈を主る
  2. 神志を主る
  3. 心の華は顔
  4. 心は舌に開竅する
  5. 心の液は汗
  6. 心の表裏は小腸

となっています。

1.「血脈を主る」とは、血液を推動して、脈中に運行させ、身体各部を滋養することを言います。

 

2.「神志を主る」とは、精神活動や意識活動を指します。

 

3.「心の華は顔」とは、心の状態が顔に反映することを意味します。

 

4.「心は舌に開竅する」とは、舌の機能である、味覚の識別と言語を発することを意味します。

 

5.「心の液は汗」とは、発汗が心の機能を反映することを意味します。

 

6.「心の表裏は小腸」とは、心の病は小腸に波及することを意味します。

東洋医学の「心」の病理作用


1.「血脈」が働かないと、心悸(動悸)や不整脈が生じたりします。

 

2.「神志」が働かないと、うつやうつ症状、燥病などを生じたり、不眠や多夢を生じたりします。

 

3.「顔」が弱ってくると、顔が赤くなったり、血色がなくなったり、顔の表情が変わったりします。

 

4.「舌」が弱ってくると、呂律がまわらなかったり、味覚異常が生じたりします。

 

5.「汗」が弱ってくると、精神的発汗により多汗になったり、逆に無汗になったりします。

 

6.「心」の病理変化は、「小腸」に波及することが多いです。

「心」に属するツボは9個


心は、東洋医学の「陰」と「陽」に分けると、「陰」に属します。

さらに「陰」を分けると、「太陰」、「少陰」、「厥陰」の3つになります。

 

心は、手の「少陰」に属していて、9個のツボを有します。

 

難しい話しになってしまいましたが、「心」の性質を持ったツボが9個あり、そのツボもそれぞれ特性を持っています。

 

今回は、ツボの特性の前に、ツボの名前を列挙します。

  1. 極泉(きょくせん)
  2. 青霊(せいれい)
  3. 少海(しょうかい)
  4. 霊道(れいどう)
  5. 通里(つうり)
  6. 陰郄(いんげき)
  7. 神門(しんもん)
  8. 少府(しょうふ)
  9. 少衝(しょうしょう)

心に属するツボは少ないですが、色々なツボの特性があります。


ツボの話 肺経大腸経胃経脾経心経小腸経膀胱経-腎経-心包経-三焦経-胆経-督脈-任脈

「東洋医学の心の働き」 極泉-青霊-少海-霊道-通里-陰郄-神門-少府-少衝

横須賀市の鍼灸院 山本鍼灸院

046-897-0919

info@yamamoto-sinkyu.com