· 

東洋医学の「小腸」の働き

せんねん灸セルフケアサポーター・日本不妊カウンセリング学会会員

東洋医学の「小腸」の働き

【完全予約制】

山本鍼灸院

〒239-0828 神奈川県横須賀市久比里1-23-2

TEL・FAX 046-897-0919

e-mail info@yamamoto-sinkyu.com

東洋医学の「小腸」の生理作用と病理作用


現代医学の小腸の働きは、胃で消化された食べ物をさらに分解して、栄養を吸収しています。

 

東洋医学の小腸の働きも、現代医学とほぼ同じで、胃から送られてくる消化物を受け入れる機能(受盛機能)があります。

その他、清濁を分別する気のがあります。

清濁の「清」は、消化された食べ物の栄養素のことで、「濁」は食物のカスのことて、大腸や腎・膀胱へ送ることをさします。

 

この小腸に異常が起こると、機能失調は消化吸収に影響するだけでなく、大小便の異常となってあらわれます。

 

主に、食後の腹脹や下痢などが病理変化として知られています。

脾経の病理変化と似ているのは、脾が清濁の分別の命令をしているためと言われています。

「小腸」に属するツボは19個


小腸は、東洋医学の「陰」と「陽」に分けると、「陽」に属します。

さらに「陽」を分けると、「太陽」、「少陽」、「陽明」の3つになります。

 

小腸は、手の「太陽」に属していて、19個のツボを有します。

 

難しい話しになってしまいましたが、「小腸」の性質を持ったツボが19個あり、そのツボもそれぞれ特性を持っています。

 

今回は、ツボの特性の前に、ツボの名前を列挙します。

  1. 少沢(しょうたく)
  2. 前谷(ぜんこく)
  3. 後渓(こうけい)
  4. 腕骨(わんこつ)
  5. 陽谷(ようこく)
  6. 養老(ようろう)
  7. 支正(しせい)
  8. 小海(しょうかい)
  9. 肩貞(けんてい)
  10. 臑兪(じゅゆ)
  11. 天宗(てんそう)
  12. 秉風(へいふう)
  13. 曲垣(きょくえん)
  14. 肩外兪(けんがいゆ)
  15. 肩中兪(けんちゅうゆ)
  16. 天窓(てんそう)
  17. 天容(てんよう)
  18. 顴髎(けんりょう)
  19. 聴宮(ちょうきゅう)

小腸に属するツボはそれほど多くありませんが、様々なツボの特性があります。


ツボの話 肺経大腸経胃経脾経心経小腸経膀胱経-腎経-心包経-三焦経-胆経-督脈-任脈

「東洋医学の小腸の働き」 少沢-前谷-後渓-腕骨-陽谷-養老-支正-小海-肩貞-臑兪-天宗-秉風-曲垣-肩外兪-肩中兪-天窓-天容-顴髎-聴宮

横須賀市の鍼灸院 山本鍼灸院

046-897-0919

info@yamamoto-sinkyu.com