「プチ不調」のお灸教室の報告です

お灸教室の参加者と院長
お灸教室の参加者と院長

 

6月のお灸教室は、日本のワールドカップ初戦と重なり、参加者は1名でしたが、マンツーマンで出来たので、非常に内容の濃いものとなりました!(^^)!

せんねん灸を取り出したところ
せんねん灸を取り出したところ

今回参加していただいた方は、せんねん灸を独自にやっていたのですが、よくやけどの跡が残ってしまうということで、少し悩みがあったみたいです。

 

そこでまず、最初にどのように使用していたのか、見せていただきました。

 

せんねん灸に火をつけているところ
せんねん灸に火をつけているところ

火のつけ方が少し危ない方法であったことと、火がついてからもしばらく火をつけたままにしていたので、安全な火のつけ方と危険な火のつけ方の違いを見てもらいました。

 

写真は、危ない火のつけ方です。炎がせんねん灸だけでなく、自分の指にまで向かってくるため、やけどの危険があります。

安全な火のつけ方
安全な火のつけ方

せんねん灸に火をつけるときは、指先にせんねん灸をつけたら、火とせんねん灸が直角になるようにします。

 

そうすることによって、ライターでつけた火が自分の指に向かってこなくなります。

 

湿気を取り除くツボ
湿気を取り除くツボ

梅雨の時期は、水分が身体に溜まりやすくなります。東洋医学ではこれを、湿邪(しつじゃ)に侵された状態と言います。

 

湿邪は身体に取りつくと、身体を重たくしたり、関節部に入り込んだりするため、腰や膝が重だるくなったり痛んだりします。

 

そのため、湿邪が持っている水分を、お灸の火と熱でとり除きます。

 

お灸は、湿気の多い日本にとって、相性の良いものであることがわかります。

火を使わないお灸、せんねん灸 太陽
せんねん灸 太陽を使用しているところ

今回の参加者の方は、ひざの痛みがあったため、ひざ付近にお灸をしてもらいました。

 

火を使うお灸では熱さを感じなかったため、火を使わないお灸“せんねん灸 太陽”を使っていただきました。

 

このお灸は、温熱効果が3時間持続するため、じっくりと長い時間温められます。

 

この作用により、効果をより感じていただけると思います。

長時間のお灸教室、お疲れ様でした。

お灸ライフ充実させてください。

 

次回の開催は、7月20日(日)に行います。

テーマは

「“夏バテ”にさようなら。暑い夏こそお灸をしましょう」

です。

 

 

 

最後までお読みになっていただき、ありがとうございます。

 

==========================

 

【横須賀市久里浜周辺】山本鍼灸院

 

ご予約は

TEL 046-897-0919(はりきゅうなら おきゅういく)

メール info@yamamoto-sinkyu.com

までお願いします。

 

定休日 水曜日・日曜日・祝祭日 

受付時間 8:30~18:00(土曜日は17:00まで)

 

     

 

 

 

営業日カレンダー

     

12月16日はお灸教室を開催します(アドバンスコース)。

年末は12月29日まで営業します。

年始は1月4日から営業します(17時まで)。

所属している団体


〒239-0828 

神奈川県横須賀市久比里1-23-2

TEL・FAX 046-897-0919

info@yamamoto-sinkyu.com